いま注目の助産師外来とは

今、出産に対するイメージが変わってきています。決まりきったスタイルの出産でなく、「自分らしいお産がしたい!」と言う女性の要望が増え、それに応える医療機関も増えて来ています。立ち合い出産にするかどうか、出産後の食事はどんなもにするか、赤ちゃんと同室で過ごすか新生児室で預かってもらうか、母乳にするかミルクにするか、様々な要望を形にして、どんな出産にするか決めるプランをバースプランと言います。バースプランを作成する時や、何か不安な事がある場合に頼りになるのが医師とともに助産師です。最近では助産師外来を設置する病院も増え、ますます助産師の活躍の場が広がりました。では、助産師外来とは、どういったものなのでしょう。具体的には、快適に妊娠中の生活が送れるように生活の指導をしたり、母乳育児にそなえて乳房の手入れをしたりバースプランを一緒に考えて作成したりする事等が行われています。助産師外来とは、妊娠中ささいな事でも相談できる妊婦にとって心強い味方と言う事ができます。また、産科医にとっても、助産師の活躍の場が広がるのはありがたい事です。24時間いつ始まるかわからないお産を扱う産科医は、体力も必要ですし、訴訟の危険もあり、現在も産科医不足は深刻です。正常な妊娠、分娩の処置が出来る助産師は産科医にとっても心強いパートナーです。以上のように、助産師外来とは、妊婦にとっても、産科医にとっても、そして助産師本人にとってもやりがいを感じる事が出来るメリットのあるものと言えるでしょう。